講師紹介

永末 春美  (Nagasue Harumi)

nagasue_main

 兵庫県生まれ。1998年に神戸市内のホテル支配人に就任。若さと実績を基に、今までにない新たなホテルづくりを実践。その実績が認められ、2005年から講演活動も展開。

2007年神戸北野ホテル支配人に就任。ホテル支配人の仕事に加え、ホテルコンサルティング業務を兼務。2010年、株式会社神鋼環境ソリューション社外取締役就任。

同年8月 永末春美事務所設立。ホテル・旅館、ブライダルハウス、飲食店のコンサルティングやカフェのプロデュース等、「ホスピタリティ」をキーワードとした人材育成・教育、コーポレートブランディング、商品開発など、クライアントにあった業務を請け負う。現在では、サービス業以外の様々な業種業界より「ホスピタリティ(おもてなし)」、「ブランディング」、「モチベーション」、「リーダーシップ」などの講演・セミナー依頼が殺到し、年間契約も含め多くの講演・セミナーを請け負う。2013年「神戸マラソン」のブランドアドバイザリースタッフ就任をはじめ、神戸市未就労者支援事業の講師も務める。

2014年には内閣府・愛媛県「地域における女性活躍推進事業」にて「人材活用コンシェルジュ」として講師を務める。
2014年10月より株式会社オータパブリケイションズ「週刊ホテルレストラン」Executive Officer就任。

 

【主な著書】

  • 情熱と感動の仕事術(カナリア書房)
  • 組織再生はモチベーションから―女性支配人のやりとげたV字回復(カナリア書房)
  • ホテルの仕事で学んだ-感性を成果につなげる法則(カナリア書房)
  • これだけは覚えておきたいーヒューマンサービスの基礎知識(ブレインワークス)

 

主な講演テーマ

★情熱と感動の仕事術 ~最高の仕事とは、幸せの連鎖の中にある~

ホテルの女性支配人が自らの体験を基に、理論ではない実践話をお話しする「仕事術」。支配人としてどの様に従業員とコミュニケーションを構築し信頼関係を構築したのかから、お客様とのコミュニケーション等をお話いただきます。永末氏が「最高のホテルで最高の接客を実現したい」と言う想いをどの様に実現させてきたのか。顧客満足向上からキャリアアップ・リーダーシップ・組織力UPに。女性だけではなく男性の方も必ず役立つお話です。

 

★ホテルの仕事で学んだ-感性を成果につなげる法則

お客様の心をつかむ為に抑えるべきポイントは何か?から、なりたい自分になるためのキャリアアップの方法論まで。『感性』をキーワードにとても聴きやすく、気づかい、気配りを感じる感性を育む大切さに気付かされる内容で、
講演を聴き終わったあと、「もう少しまた、頑張ってみようかな?」という気にさせられる、元気(エネルギー)を与えてくれる講演です。

  • おもてなしの心は笑顔から
  • 女性の7つの感性
  • ホテルの仕事で学んだ、一流の意味
  • 闘わない仕事術
  • しなやかに強い人になりたい 等

 

★組織再生はモチベーションから―女性支配人のやりとげたV字回復

管理職の経験すらなかった女性支配人が着任したホテルは、業績不振の上に問題だらけの職場。従業員の士気は下がり、モラルすら維持できていなかった。そんな職場が奇跡的にV字回復をとげた秘訣。それは 支配人として、スタッフのやる気に火をつけること。
従業員とのコミュニケーションを深めモチベーションアップに取り組み奇跡的なV字回復を果たした経験から学んだ組織再生、業績回復に必要なものとは。わかりやすくお話します。

 

nagasue_photo1

 

専門分野

  • 顧客満足度向上
  • ホスピタリティ
  • おもてなし向上
  • 人材育成
  • モチベーションアップ

 

費 用

講師費用+交通費(白金台より、特急は指定席、宿泊が必要な場合ビジネスシングル)

 

所属,肩書き等

・永末春美事務所代表

 

永末氏より一言

~最高のホテルで最高の接客を実現したい~

ホテルと他の業界では売っているものは違いますが、仕事としての「心」は同じです。
私は、最高のホテルで最高の接客を実現したいと思っています。最高と言っても色々な意味がありますが、私の考える最高とは、自分が好きなホテルであり続けること。自分が大好きだと、胸を張れるホテルだからこそ、お客様にも自信を持っておすすめできるのです。大好きなものはお金では買えません。自分たちで最高を目指して作り上げていくしかないのです。その過程を含めて大好きになるのでしょう。単なる仕事としてではなく誇りや愛着をもって働くとき、そこには素晴らしい価値が生まれます。一人ひとりが好きな事に打ち込み、常に前向きでいれば、そんな姿勢がお客様に通じると思います。